ソフトバンク、10連勝中の本拠地が〝併殺地獄〟に 栗原陵矢、中村晃、廣瀨隆太が…

6回無死一塁、三ゴロ併殺に倒れた広瀬(撮影・西田忠信)

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク―ヤクルト(11日、みずほペイペイドーム)

ソフトバンク打線が〝併殺地獄〟にはまった。

4回に2点を先制されると、直後の攻撃は今宮健太が先頭で右前打を放ったが、栗原陵矢が一ゴロ併殺に倒れた。

5回1死一塁から中村晃が一ゴロ併殺、6回も無死一塁から廣瀨隆太が三ゴロ併殺とチャンスの芽を摘まれた。

ソフトバンクは5月6日の日本ハム戦から本拠地10連勝中。得意の本拠地で拙攻が続いた。

2024-06-11T11:22:48Z dg43tfdfdgfd