ドジャース「連続試合4失点以下」の球団記録「21」に伸びる…大谷「攻撃につながる素晴らしいリズム」

◆米大リーグ ジャイアンツ2―10ドジャース(14日・米カリフォルニア州サンフランシスコ=オラクルパーク)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が14日(日本時間15日)、敵地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場し、腰の張りから復帰2戦目で本塁打を含む3安打2打点の大暴れを見せた。

 守っては先発ストーンが6回5安打1失点3四球2奪三振の快投で4勝目。4投手のリレーで2失点に抑えた。

 大谷は試合後のインタビューで「攻撃につながる素晴らしいリズムでみんな投げていると思う。打ってるほうとしても攻撃に入りやすい、すばらしいディフェンスだった」と称賛した。

 MLB公式サイトのサラ・ラングス氏のX(旧ツイッター)によれば、これで21試合連続4失点以下になり、球団記録を更新。MLBでの直近の記録は2017年にガーディアンズが25試合連続をマークしている。

2024-05-15T05:35:24Z dg43tfdfdgfd