危ない!結びの一番で珍事 行司・木村庄之助が転倒 なかなか立ち上がれず 豊昇龍-平戸海の土俵際攻防 体をのけぞらせなんとか避難 寝たまま軍配

 「大相撲夏場所・4日目」(15日、両国国技館)

 結びの一番でひやりとする場面があった。

 大関豊昇龍と平戸海が熱戦を繰り広げる中、行司を務めた木村庄之助が土俵際の攻防を捌いていたが、平戸海の足が引っかかり転倒。その後なかなか立ち上がれず、豊昇龍が平戸海を土俵外に追いやる中で、転倒した状態ながらなんとか体を逃がしながら、切り抜けた。寝たまま軍配を上げた。

 取組は豊昇龍が寄り倒しで下し、2勝2敗とした。

2024-05-15T09:07:57Z dg43tfdfdgfd