大谷翔平の特大アーチに相手投手“確信フリーズ” 打たれた瞬間振り向きもせず絶望リアクション「やばい打球」「すげぇ飛んだー」

【MLB】ジャイアンツ 2−10 ドジャース(5月14日・日本時間15日/サンフランシスコ)

打った瞬間大谷が“確信歩き”をした打球は、打たれた瞬間投手も絶望するものだった。ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」でスタメン出場したジャイアンツ戦の第2打席でライトスタンド最上部に特大の一発を放つと、相手投手は打たれた瞬間にすべてを悟ったかのように、打球を振り返ることもなくうつむいたまま動かなくなってしまった。

【映像】大谷場外弾で“確信フリーズ”の瞬間

ジャイアンツ先発の2年目右腕ウィンは、3回までドジャース打線を無安打に抑え込む完璧に近いピッチングを見せていた。両チーム無得点で進んだ4回、大谷が先頭打者としてこの日2度目の打席に入る。その初球、真ん中に甘く入ったスライダーを大谷は見逃さずフルスイング。ライトスタンドに吸い込まれる手応え十分の当たりに、大谷は走ることなく打球を見ながらゆっくりと歩き出した。

ホームランを確信したのはウィンも同じだった。打たれた瞬間、ウィンは打球を振り返ることもせず投げ終わった体勢のまま力なくフリーズ。うつむき加減に微動だにせず、ぼう然とした表情を浮かべていた。

大谷が放った12号ソロは打球速度113.4マイル(時速約182.5キロ)、飛距離446フィート(約136メートル)という完璧な一発。中継を視聴していたファンも「えぐすぎやろ」「バケモンだな」「なんやこの映像w」など驚きを隠せない様子だった。

これで動揺したのか、ウィンは続くフリーマン、スミスに2者連続で四球を与えるとテオスカー・ヘルナンデスにタイムリーツーベースを浴びる。さらにマンシーの犠牲フライ、ラックスのタイムリースリーベースとこの回だけでドジャースに4点を献上した。

一方大谷は第3打席でセンター前ヒット、第4打席でタイムリーツーベースと終わってみれば5打数3安打2打点1本塁打。第5打席はセカンドゴロに倒れ、惜しくも自身2度目のサイクルヒットはならなかったが、6試合ぶりアーチに7試合ぶり猛打賞と大活躍を見せドジャースも快勝している。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

2024-05-15T11:52:03Z dg43tfdfdgfd