巨人・小林誠司の“腐らなかった心” 原政権時に不遇も、阿部監督の信頼が不動だった理由

 今シーズンのプロ野球が開幕して早くも1カ月半が経ったが、大きなトピックの一つとなっているのが巨人の“正捕手問題”だ。

 ここ数年は強打が武器の大城卓三が務めていたが、捕手出身の阿部慎之助新監督が就任したことで序列に動きもみられる。加えて、大城が開幕から打撃の調子が上がらないことで現在は二軍で調整中。そこで存在感を発揮しているのが、最近は大城などの台頭もあり厳しい状況に追いやられていたベテランの小林誠司だ。

「大城の調子が悪いのもあるが、阿部監督の中には小林を使う気持ちが最初からあったようだ。今春キャンプは二軍スタートも一軍合流後からは会話する機会も多く見かけた。ここまでは期待にしっかり応えている」(巨人関係者)

 2013年のドラフト1位で巨人入りした小林は3年目の2016年にレギュラーの座を掴むと、その後3シーズンにわたって正捕手を務めた。打撃については常に課題となっていたが、“鬼肩”と形容される強肩を売りとしたディフェンス力には定評がある。2017年に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では侍ジャパンの正捕手も務め、チームの準決勝進出に貢献。また、大会では打撃が好調でチームトップの打率.450(20打数9安打)、1本塁打、6打点をマークし“世界のKOBAYASHI”と称された。

 しかし、2019年以降は出場試合が減少。怪我や大城、岸田行倫など若手が力をつけてきたということもあり、チーム内での立場を徐々に失っていった。昨季も21試合の出場にとどまり、わずか9打席に立ったのみ。オフの契約更改では2019年シーズン終了後に結んだ4年契約が切れ、減額制限を大幅に越える7000万円減の年俸3000万円でのサインとなった。

「打撃に問題があるのは誰が見ても明白。守備能力の高さを見ても体自体の力は弱くはないが、スイングに生かされていない。スイング自体が緩くて強い打球が打てないという長年の課題は解決できていない」(巨人OB)

 そんな中、プロ11年目の今春キャンプではキャリア初の二軍スタート。チーム状況を考えると、とうとう居場所がなくなるとも思われていたが、シーズンが始まると良い意味で予想を裏切り出場機会を増やしている。

「イケメンで優しく誰からも好かれている。だが野球に関しては頑固で投手に対し強く意見できる強さも持つ。打撃面に課題はあるが捕手としての存在感は大きい」(巨人関係者)

 アマチュア時代は広島の古豪・広陵高、そして社会人・日本生命と名門で正捕手を務めた。プロ入り後も巨人、日本代表でも活躍した選手なだけに、近年は相当悔しい時期を過ごしていたはずだ。しかし小林の凄さはどんな時も前向きに努力してきたこと。春季キャンプの二軍スタートが決まった時も「どんな立場でいようと腐らず練習する男なので」と阿部監督が評するなど、野球に対する姿勢は誰もが認めている。

「二軍キャンプでは若手に混じって一番大きな声を出していた。毎日泥だらけになって捕手の練習を繰り返し、その後はバットを振り続けていた。手を抜かず黙々と練習を続ける姿からは、プロで生き残るという強い覚悟を感じさせた」(巨人担当記者)

 昨年までチームを指揮した原辰徳監督の政権下では不遇を味わっていたが、現役時代をともにした阿部監督からの評価も高いという。

「試合に使われなくても腐らずチームへの献身性を失わない姿勢を高く評価している。結果が出なくても折れない精神的な強さも理解している。昨年まではベンチ内で長い時間を一緒に過ごしたため、阿部監督はある意味で一番の理解者かもしれない」(巨人関係者)

 今季は同じく復活の予感を漂わせている菅野智之との“スガコバ”バッテリーが話題となっているが、捕手としての能力は折り紙付き。投手からの信頼も厚い。

「高校時代にバッテリーを組んでいた広島・野村祐輔が『最高の捕手だった』と評価しているほど。投手の特徴や性格など、細かな部分まで徹底的に観察して投げやすい環境を作るのに長けた捕手」(小林をアマチュア時代から知るスポーツライター)

 5月10日のヤクルト戦(神宮)では3年ぶり本塁打を放ち、翌11日は菅野とのバッテリーを組みタイムリーで援護。そして12日の試合では3年ぶりの盗塁を決め、タッチアップでの気迫あふれるヘッドスライディングを披露するなど、“勢い”を感じるプレーが多い。

 だが、小林はあくまで自身の役割を果たすことに全力を尽くすことを心がけているはず。現在二軍で調整している大城に対しても「卓三がまた帰ってくるまでは僕は一生懸命頑張るだけなので、帰ってきた時にはいつもしっかり頑張ってくれると思うので」と、コメントしている。

 来月に35歳を迎える小林はキャリアの晩年にまた新たな光を放っている。阿部監督が就任したチームは過渡期を迎えており、2年連続でBクラスとなっている名門が躍進するためには若手の成長が欠かせない。だた一方で小林のようなベテランがいることは様々な側面でチームにとって大きな意味を持ちそうだ。

2024-05-15T09:09:23Z dg43tfdfdgfd