【阪神】岡田監督、近本光司V打に「後ろが打たんからのう」一問一答

<中日0-1阪神>◇15日◇バンテリンドーム

背番号5が決めた。0-0で進んだ延長11回、阪神近本光司外野手(29)が均衡を破る決勝タイムリー。前日敗戦につながる痛恨失策を犯した佐藤輝明内野手(25)が2軍落ちし、無得点が続いた重苦しい展開を一振りで切り裂いた。近本は打率、打点、本塁打、勝利打点、安打数、盗塁数でチームトップの6冠に浮上。チームは今季延長戦で8戦1敗の粘り強さを発揮し、首位巨人を追う0・5差は変わらず食らいついた。阪神岡田監督一問一答は以下の通り。

   ◇   ◇   ◇

-投手陣が踏ん張った

うん。大竹もよかったけどな。

--昨年のいい時のような状態に

そうやなあ。やっぱり慣れもあるからな、向こうのバッターもな。

-中継ぎも

けっこう投げてなかったからな。

-石井もいい

ファームで投げて、だいぶようなっとったからな。今はけっこう(リリーフ陣は)10人もおるから。

-近本は追い込まれたが、さすが

まあ、それはなあ、おーん。後ろが打たんからのう。

-中野はバントは失敗したが、走者を進めた

あれもなあ。だからこういうゲーム展開はもうやることきっちりやった方が。向こうもノーアウト二塁あったけどなあ。やっぱりあれ、ランナー送れんかったからのう。結局はそこやろなあ。

2024-05-15T13:57:03Z dg43tfdfdgfd